アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
おぐらしげき潜伏中&オグラ海月漂流中
ブログ紹介
最近、古い書類を整理しました。十数年前は1社から今の年収分以上の金額の原稿料が支払われていました。スロバブル崩壊と出版不況のためとはいえ隔世の感があります。いまでもほぼ消えたマンガ家レベルですが、完全に消えるのもそう遠くなさそうです。過去のマンガをブログ内にアップしていますが、このブログがあるうちに保存しておかないと急に閲覧できなるかも知れません。まあ、別に読んだからといってどうってことないポンチ絵ばかりですけどね。
 電子書籍で釣りマンガ「デイドリームアングラー」が発売中です。電子書籍は出版されただけではお金にならないので、ぜひ購入をお願いします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
本流調査2017(1)
本流調査2017(1)  火曜日は仕事が休みだったA井君と本流アマゴを狙いに行ってきました。条件は悪いことは分かっています。とにかく雨が降ってなくて、水位も大きく下がったままです。  最初のポイントでは堰堤を上ろうとするアマゴやストレスでジャンプするサツキマスの姿は確認できるもののまったく反応がありません。雨が降れば可能性はありそうです。次のポイントは普段はそこで食ってくる掛け上がりまで水が減っています。ウェーダーも必要ありません。たぶんないだろうなと思いながら奇跡待ちでキャストしますが、奇跡は起きないから奇跡です。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/24 23:18
春の港湾調査2017(11)
春の港湾調査2017(11)  今夜も近所の港湾エリアにメバルチェックに行ってきました。満潮時間は午前1時半頃になるので、少し遅めの出発です。釣り場到着は午後9時前。しかし、これでも潮位は低すぎます。それでも足元を探っていると、小型ながらメバルが釣れました。これならいけそうです。続いてキープサイズがヒット。次はリリースサイズ。ここではキーパー2匹にリリースが4匹です。アタリが遠のいたので場所移動しますが、ここから迷子になってしまいました。どこもメバルの反応は薄く、たまに掛かってもリリースサイズです。潮は上げてきているのですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 01:09
テナガエビ調査2017(1.5)
テナガエビ調査2017(1.5)  ようやく初夏らしくなり、近所の川にテナガエビチェックに行ってきました。実は2日にも少し竿を出したのですが、まったく気配がありませんでした。それから2週間。水温も上がっています。しかし、日曜日ですが誰も竿を出していません。潮も低く期待薄ですが捨石周りに仕掛けを落とします。すると、最初に釣れたのはキビレの幼魚です。5cmほどのキビレが泳いでいる姿も見えます。大きくしもりウキを動かすのはこいつの仕業でしょう。捨石の周辺を探りながらエビの反応を待ちます。そして、エビのアタリがありました。これは水面で外... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 14:30
春の港湾調査2017(10)
春の港湾調査2017(10)  今夜も近所の港湾エリアにメバルチェックに行ってきました。釣り場到着は午後8時半。最初から旧港内を打っていきます。しかし、アタリがありません。川筋に移動してもダメです。何度も川筋と港内をうろつきます。ようやく潮が上がってきてアタリが出始めました。でも、リリースサイズのミニメバルばかりです。というより、これが通常の姿かも知れません。結局、このエリアはないと判断して移動です。すると、今までダメだった場所で活発にアタってきます。というより入れ食いです。リリースサイズも多いですが、18cmクラスも混じり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/12 01:04
サツキマス調査2017 (3)
サツキマス調査2017 (3)  雨が降ったらサツキマス。しかし、今回の雨は10mmぐらいしか降りませんでした。川の水位も少し増えたと思ったら即効で下がりました。この時期は中流域で田んぼに水を入れるので、少しくらい降っても水は増えないのです。やはり50mm以上の雨量がないと厳しいです。それでも、お昼前からサツキマスチェックに行ってきました。潮止め堰堤には二人入っています。たしかに、ここぐらいしか釣れそうな雰囲気はありません。下流エリアは潮位が高く、まったく流れがありません。それでも、何が起こるかわからないのがサツキマスです。す... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/10 16:25
春の港湾調査2017(9)
春の港湾調査2017(9)  GW明けの月曜日、今夜は近所の港湾エリアにメバル調査に行ってきました。前回とは違って今夜は風もなく、潮もいいのですが、果たしてどうなるかです。まず川筋のエリアからチェックします。アタリがありません。潮があまり動いてないようです。前回絶好調だった旧港内をチェックします。すぐに釣れました。前回ほどではありませんがポツポツト釣れます。しかし、今夜は係留している船が多く、キャストできる隙間があまりないのです。しかも3匹釣ったところで売り切れみたいです。川筋やフェリー乗り場周辺をウロウロしますが、どこも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/08 23:59
春の港湾調査2017(8)
春の港湾調査2017(8)  月曜日の夜は近所の港湾エリアにメバル釣りにいってきました。釣り場到着は午後8時半。来るんじゃなかったと思うくらい南南東の爆風です。川筋は波立ちゴミがいっぱい浮いています。これは釣りになりません、しかし、どこも爆風でまともに釣りはできません。でも、これは想定内。旧い港内なら風の影響を受けません。あまり、釣れるイメージのない場所ですが、とりあえずキャストしてみます。すると1投でヒット。バレてしまいましたがいけそうです。外が大荒れのせいか、静かな港内は活発にアタリがあります。MAX18cmで15〜1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 01:03
サツキマス調査2017(2)
サツキマス調査2017(2)  月曜から火曜にかけてまとまった降雨がありました。待ちに待った雨です。川の水位もどんどん上がり、想定の3倍くらいの雨量でした。これでサツキマスも動き出すはずです。A井君は雨が降り始めるタイミングで川に入り37cmのサツキマスをキャッチしました。翌日はもう大増水で釣りは不可。翌々日もまだ水位が高すぎます。そして木曜日の今日は間違いなくベストな条件になるはずです。  ライブカメラの映像で8時前までは釣り人が入っていたことが分かっています。ある程度プレッシャーが抜けるころあいを見て釣り場に向かいます... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/20 15:48
デイドリームアングラー2017年4月号
デイドリームアングラー2017年4月号 デイドリームアングラーの最終回は電子書籍には収録されていませんので、ここにアップします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/19 15:35
春の港湾調査2017(7)
春の港湾調査2017(7)  12日の夜はメバルチェックです。満潮が午後11時半、大潮です。釣り場到着は午後9時半。すでにだいぶ潮位が上がっています。早速川筋のエリアから釣り開始です。しかし、アタリがありません。もしかしたら先日の雨の影響が残っているのでしょうか? そこで、川から離れて大きくエリアを移動します。ここ最近はエサ釣りの人も見かけません。今夜も貸しきり状態です。そして、ここも無反応。さらに先の岸壁に大型船が停泊して灯りが海面を照らしています。もしかしたらと思い、明暗の境目にジグヘッドをキャストします。すると、ワー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 00:35
パチスロコラム「図柄の意味とスロットマシンの歴史」
パチスロコラム「図柄の意味とスロットマシンの歴史」 パチスロとスロットマシンの話 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/11 16:37
サツキマス調査2017(1)
サツキマス調査2017(1)  ようやく桜も咲き、春がやってきました。そして、また修行の日々が始まるのです。ということで、4月8日に、今年初めてのサツキマス調査に行ってきました。川に到着すると、いつもの春の風景です。河原には菜の花が咲き、対岸の山には満開の桜の木々が見えます。天気は曇り、ときどき小雨が降っています。水量はまずまず。少し濁りもありベストなコンディションです。ただし、それは最盛期ならのこと。まだシーズンが始まっているかどうかは分からないのです。とりあえず1時間チョイ探っていきます。そして予想通り何の反応もありませ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/08 16:37
春の港湾調査2017(6)
春の港湾調査2017(6) 4月5日の夜も近所の港湾エリアにメバル釣りにいってきました。釣り場到着は午後9時過ぎ。潮位は低く、さらに夜中にかけて下げていくところです。しかも強い東風が吹いています。明日からまとまった雨が降る予報です。  釣り場には誰もいません。前回アタリのあった場所も無反応です。遠投できるシンキングペンシルをメインにあちこち探っていきますがダメです。結局反応があったのはいつもの1.5インチガルプベビーサーディンとジグヘッドでした。15〜16cmのメバルが2匹に同サイズのムラソイを釣るのに0時まで粘ってしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 16:21
デイドリームアングラー作者解説23
デイドリームアングラー作者解説23  電子書籍版「デイドリームアングラー」第23話はレジャーフィッシング2016年7月号に掲載されました。この回の題材は野島防波堤のヘチ釣りです。野島防波堤の黒鯛のヘチ釣りは昔から有名で、子供の頃に読んだ釣り雑誌にもよく載っていました。それをまねて近所の波止でやってみたことはあったのですが、黒鯛を釣ることはできませんでした。今回マンガを描くにあたって調べていくと、野島防波堤がある横須賀は軍港だったために戦前は上陸不可だったようです。戦後もこっそり上陸して釣っていると対岸のアメリカ海軍基地のMPが銃を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 09:51
デイドリームアングラー作者解説22
デイドリームアングラー作者解説22  電子書籍版「デイドリームアングラー」第22話はレジャーフィッシング2016年3月号に掲載されました。この回の題材は黎明期の石鯛釣りで昭和10年代の話になります。石鯛釣りの黎明期の話は高校生の頃に買った釣りの入門書に記述がありました。竹の石鯛竿もその頃に見たことがあります。今回苦労したのはリールについてです。まだ日本に両軸リールはありません。大物釣りの定番、ペンリールも戦後の登場です。おそらく木ゴマリールだと予想しました。さて問題はリールをどう装着したかです。上向きか下向きかが問題です。欧米では... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 09:28
デイドリームアングラー作者解説21
デイドリームアングラー作者解説21  電子書籍版「デイドリームアングラー」第21話はレジャーフィッシング2017年2月号に掲載されました。この回の題材はタイラバです。タイラバは瀬戸内海西部で始まった釣りですが、その黎明期の話を描きました。釣り指導技師という人が出てきます。松崎明治氏の「日本の釣」という写真集に土佐の釣り指導技師福富正枝氏という方が出られているのですが、釣り指導技師という役職が戦前の農林省にはあったようです。技師は現在の技官にあたる役職です。確かに、自分が発明した釣法はなかなか他人に教えないものです。一子相伝のものも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 09:10
デイドリームアングラー作者解説20
デイドリームアングラー作者解説20  電子書籍版「デイドリームアングラー」第20話はレジャーフィッシング2016年5月号に掲載されました。この回では主人公が東北の山間部で宿を営むマタギのテンカラ釣りを見る話です、主人公は西洋式のフライフィッシングでイワナやヤマメに挑みます。渓流釣りは大好きな釣りのひとつです。だから渓流の写真はたくさん撮っているのですが、いざ描くとなると難しいものです。古民家の様子は昔、マンガの資料として買ったものがあり、それを参考にしました。時代設定は昭和10年代もしくは戦後間もない頃にしましたが、よく分からない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 09:00
デイドリームアングラー作者解説19
デイドリームアングラー作者解説19  電子書籍版「デイドリームアングラー」第19話はレジャーフィッシング2016年1月号に掲載されました。この回では1936年のスズキ釣りについて描いています。釣り場は荒川の赤羽周辺をイメージしました。川の杭に小船をもやって、ぶっこみ釣りでスズキを狙うつり方を紹介しています。これは古い釣りの本に載っていたものです。この本は昭和初期の釣りを知る参考になりました。おそらく、新聞の釣り欄を編集したと思われるのですが、何度も再版され最後は昭和18年です。入手した本も昭和18年のものですから紙質も悪く、戦争に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 08:41
デイドリームアングラー作者解説18
デイドリームアングラー作者解説18  電子書籍版「デイドリームアングラー」第18話はレジャーフィッシング2015年11月号に掲載されました。この回の題材は投げ釣りです。穴の開いた錘を竹竿の先に掛け、それを振って仕掛けを遠投する釣法です。湘南の海岸でリールが使われるようになるまで行われていたようです。正確には、昭和初期にはリールがありました。キャストできるだけの性能を持ったリールがなかったのです。物語の中にオリムピックの創始者上野氏のことに触れています。この回は掲載時とは仕掛けの様子を描き直しています。  この話を描くにあたって海... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 08:26
デイドリームアングラー作者解説17
デイドリームアングラー作者解説17  電子書籍版「デイドリームアングラー」第17話はレジャーフィッシング2015年8月号に掲載されました。この回で扱ったのはブラックバスです。赤星鉄馬が芦ノ湖にブラックバスを放流して10年という設定で描きました。注意したのは道具です。アブのベイトリールは戦後なので、へドンの古いダイレクトリールをイメージして描きました。ロッドはバンブーの六角ロッドがあったはずです。ラインはマンガの中でアメリカから輸入したブレイデッドラインと表記しました。絹糸を編んだものにステイン、つまり渋で防水処理をした糸です。ルア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 08:11

続きを見る

トップへ

月別リンク

おぐらしげき潜伏中&オグラ海月漂流中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる