ちょこっとメッキ&ハゼ調査2015(15)

 土曜日にA井君から電話があり、そろそろメッキはどうだろうということでちょこっと調査にいきましたがまったくの不発。メッキは釣ること自体は難しくないのですが、メッキの群れを見つけるのが一番難しいのです。

 連休は雨の予報でしたが、勤労感謝の月曜日も雨は大丈夫そうです。そこで2週間ぶりにハゼ調査にいってきました。釣り場到着は9時。今シーズンは好調なスロープ横で釣り開始。根元付近はおじいさんがほぼ同じタイミングで入りました。
 釣り始めると最初から好調にアタってきます。このポイントは足元でよく釣れます。タックルもライン以外はメバル用で、1/2オンスのバレットシンカーを使ったキャロライナリグ。ハリスは30cmほどと少し長め。20cmぐらい糸をよってダブルラインにしています。これは絡みにくくするためですが、ハリスが長めなのは底は牡蠣ガラなどが多く隙間にエサが落ち込んでしまわないようにです。オモリが着底して後からエサが沈むので周囲のハゼにアピールしやすいはずです。
 時々食いが落ちる時間帯もありますがおおむね順調に釣れています。しかし、ボク以上のペースで根元付近でおじいさんが釣っています。タックルは違いますが同じように足元を狙っています。このエリアではノベ竿でウキ釣りをしたり短い投げ竿でチョイ投げをする人が多いのですが、短竿で足元を狙っている人は稀です。結局エサが無くなるお昼前まで釣ってボクは60匹のキープ。おじいさんが入っていた場所を打てなかったので若干ペースが落ちました。でも相変わらず好調です。

 ハゼというと子供でも簡単に釣れるイメージが強く、大人が本気で取り組む釣りではないと思われています。もともとハゼ釣りが盛んな東京は別として、関西の地方都市ではハゼ釣りをしているのは小さな子供を連れた親子か年金生活の老人たちです。だから釣り雑誌でもハゼ釣りはサビキ釣りと同じく子供相手の企画になりがちです。でもたまには本気のハゼ釣りとかサビキ釣りの企画もあっていいんじゃないでしょうか。乱獲という人もいるでしょうが、ハゼは釣るだけで数が減る魚ではありません。年魚は自然環境などの要因で数が少ない年もありますが、条件が整えばすぐに復活します。多い年には多く釣れ、少ない年は少ししか釣れない。それが自然というものでしょう。また、何かが増えれば何かが減る。来たものを釣る。それが自然なのでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック